物を噛むと痛くて口も開きません

アクセスをありがとうございます。あごの痛み

あなたは、あごの痛みや噛めなくて

お悩みの事と思います。

 

当院での症例の一部を紹介します。

回復への参考になれば幸いです。

お客様

30代 男性 八幡西区 会社員

症状

1週間前くらいから、口が開きにくくなり

3日前から物を噛むと顎に痛みが出始める。

 

昨日から、口も殆ど開かなくなり、

物を噛むと痛くて食事が出来なくなってきた。

 

施術内容と経過

首の施術

検査をすると、後頭骨に強い張りがあり、

首や肩甲骨周辺の筋肉がガチガチになっています。

左骨盤は下方に左股関節が外側に向いています。

施術は、計2回行う。間隔は、3日置き。

施術は、骨盤・腸を整え後頭骨から肩甲骨周辺の
関節・骨・筋肉を調整し、顎関節を整える。

初回終了後、口は8割方開くようになり

多少の痛みが残るものの、噛めるまで回復する。

二回目 3日後

初回後から、食事も出来るようになり日に日に

痛みも軽減してきた。

力いっぱい噛んだり、大きく口を開けると少し不安。

 

二回目施術終了後、大きく口も開くようになり

歯を食いしばっても痛くないので、施術完了とします。

 

調整した主な関節・筋肉

腰椎・肩甲骨・肋骨1〜7番・

各斜角筋・肩甲挙筋・後頭骨・

同時に回復した症状

なし

院長よりコメント

肩こりと首コリ

後頭骨と首のつけ根の間に強い張りが

首や顔の筋肉を引張り症状のひとつと考えます。

原因は、PC作業やスマホなどうつむいた姿勢による
首回りの筋肉の硬直と考えられます。

まずは、普段の姿勢に気をつけてみましょう。

もしあなたが、あごの痛み、肩こりや自律神経の不調で
お悩みでしたら、当院へお問合せください。

当院での感想

口を開けると「ガクガク」鳴ります(首痛とあご)

お客様写真

子供の頃に口を開けて「ガクガク」
言わせて遊んだせいか、今も口を大きく
開けると2段階に開いて音がします。

数回、あごを調整してもらったら

だいぶんスムーズに開くようになりました。

首痛もなくなりラッキーです。

 

(40代・男性・建設業・八幡西区)

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

口が開きやすくなりました(肩こりとあご)

お客様写真

私は、肩こりがひどく頭痛もあります。
最近は、口が開けずらくなり困っていました。

整体を受けると、あごは何もしてないのに
口が開きやすくなり、びっくりしました。

肩こりは、まだまだですので、もう少し
通院してみます。

 

(Gさん 40代 女性 会社員 八幡西区)

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

空き状況・ご予約はこちらから

ホームに戻る

あごの痛み(顎関節症)について詳しくはこちら

あごの痛み(顎関節症)

この記事に関する関連記事