包丁を使いすぎたのか右親指が腱鞘炎と言われました

腱鞘炎

 

当院の腱鞘炎の施術例です。

参考になれば幸いです。

※当院の施術例であり、効果を保証するものではありません。

 

【不調者さん】

(Eさん・50代・女性・会社員・八幡西区)

 

【症状】

 

手の痛み

 

10日前に包丁を長く使いすぎたせいか、

右親指付け根が物を握ると痛みがあり

強くは握れない。

仕事中もマウス操作が段々とイヤらしくなる。

病院で腱鞘炎と言われる。

 

【施術と経過】

 

今回は、親指なので月状骨と舟状骨、

及び大菱形骨・小菱形骨をメインに

計2回施術を行う。

 

手首の痛み

 

 

初回後、右手で物を握って貰っても痛みは

なくなる、更に負荷をかけ1㎏のバーベルを握って

貰うと多少の痛みがあったので再度調整する。

 

2回目(5日後)

施術した日は、長く包丁を握っていたら痛みが少し出たが

翌日から今日まで全く痛みがなかった。

 

痛みがなくなったので、施術終了とします。

 

【院長より】

当院では、腱鞘炎の方の場合、手首の月状骨・三角骨・舟状骨

及び大菱形骨・小菱形骨のいずれかの骨同士の動きが悪く、

筋肉を引っ張り動作で痛みを伴うと考えます。

 

痛みはじめて日にちも浅かったので早期回復に

結びつきました。

 

何事も、先に先に手を打つと大事にならなくて

済みますね、勉強になります。

 

 

料金

 

まずはお気軽にお電話ください