腰から太ももとふくろはぎの外側に突っ張り感があります

坐骨神経痛

 

当院での座骨神経痛の症例を紹介します。

参考になれば幸いです。

【不調者さん】

(Kさん・40代・男性・建築業・田川市)

【症状】

元々、腰痛に悩まされていた。

腰全体が痛くなり、数日安静気味にしていると

今までは、良くなっていた。

ぎっくり腰

今回は、日に日にひどくなり、右腰から脚全体が

辛くて溜まらない。

整形で座骨神経痛と言われる。

 

【施術と経過】

検査をすると、右腰が前下方に傾いています。

腰の骨周辺の筋肉に強い張りがあります。

前屈みや車の乗り降りが辛い。

施術は、計4回行う。

 

骨盤ゆがみ1

 

初回、

骨盤周辺の仙骨・仙腸関節・股関節・腰仙関節

起立筋・大腿4頭筋・3頭筋を調整する。

施術後、ふくろはぎの突っ張り感はあまり感じなくなる。

 

2回目(2日後)

ふくろはぎは、楽になったが、腰から太ももは

辛くてたまらない。

施術は、動きの悪い股関節・仙腸関節を重点に行う。

 

腰の施術

 

3回目(4日後)

施術後、夜に痛みが強く出たが朝起きると

ずいぶんと楽になっていた。

車の乗り降りも楽になってきた。

 

4回目(5日後)

腰から太ももの突っ張り感も殆ど気に

ならなくなってきた。

仕事も忙しくなったので、一旦これで

終了とします。

 

【院長より】

 

院長

 

日常生活で、脚をくんだり車の運転時に

偏った体勢で骨盤がゆがみ、神経痛が出て

いたものと思われます。

 

日常生活の姿勢を正してもらい

実行さてた事も早期回復になったと思います。

 

何気無いことですが、姿勢って大切ですよ!

 

まずはお気軽にお電話ください

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事